整体おばさんが聖書を読んでみたら-2

聖書のことば

― まるごと信じてみたい聖書のことば ―

 

半世紀以上前の映画の話し。

天地創造』という1966年のアメリカとイタリアの合作映画を学校の講堂で見た。

いつの時代に学生してた⁉️⁉️ 恐ろしいや~ 

太陽も、星も、この地面も、見渡せないけど地球も、神様が造った! と、わかったその瞬間、この真理はすごい と心に刻んだ。

 

では、では、今日は天地万物宇宙を神が造ったと、聖書がいっているところを見てみよう!

信じる、信じないはあなたにお任せ

 

聖書は物語でなく、神のことば。

 

創世記のはじめは

初めに、神が天と地を創造した。創世記 1:1 

私はずーと、天と地について、空、宇宙と地球を神様が造ったことが書かれていると思っていた。

ところが、薄っぺらな理解だったようだ。

あれ?あなたもそれだけだと思ってた?なら、私たちはお友達。(≧∇≦)b

 

我が師は、神様は二つの世界を造ったと言われる。

見える世界と、見えない世界だ。

見えないものは無いのではない!と。

あれ?どこかで聞いたような~。

あ~、見えないけどあるんだよ、って、金子みすずの詩だ。

昼のお星は、見えないけどあるんだよ、って。

ちがう、ちがう。脱線しちゃった。

 

天は霊の世界、見えない世界。

地は現実世界、見える世界ってこと。

 

じゃあ、創世記の冒頭。

神様が、この空とそのかなた向こうの宇宙と、地球を造り、

霊の世界と現実世界を造ったんだってことをこの一文に収めたってことか!

すごいぞ! 聖書

 

では、読み進めよう~。

冒頭で、天と地を造ったと書いてあったが、その経緯を六日間に渡って書いてあるようだ。

 

一日目

光を造って good とされた。

神様はどうやって太陽を造ったのか。熱いよ~。

いやいや。そうではなくて。神様は、ことばだけで天地創造をしちゃった!

神様が『光あれ。』って言ったら、光ができた。

神様、すごい

 

光を造ると闇が当然できるわけで、そこで神様は、光とやみを区別して、昼と夜とにされた。

これで一日目の創造が終わり。 good job!

二日目。

次に、神様は目に見える空と地球の形を造りだした。

もちろん、ことばで。

面白いことが書いてある。

ついで神は「大空よ。水の間にあれ。水と水との間に区別があるように。」と仰せられた。創世記 1:6 

水と水で、空をサンドウィッチしてるんだよ。

びっくりよ!

神様、何を造ったの?

大気圏の中なのか?外なのか。とにかく空に水があったようだ。

空の水はノアの洪水の時に全部降ったそうだ。どんなけ~!降ったの?

すごすぎ~

こうして、二日目が終わった。

三日目。

『神は「天の下の水は一所に集まれ。かわいた所が現われよ。」と仰せられた。するとそのようになった。』創世記 1:9 

神様は、陸と海をことばで造った。

ここで、『そのようになった。』と書いてある。

そうか! 神様のことばは、そうなる、必ず言ったとおりになる、って性質なんだね。

分かった! ウンウン。

あなたもわかった?

そんな性質をもつ神様のことばが書いてあるのが聖書。

神様はその日のうちに、植物を造り、goodとされた。

三日目が終わり。



四日目。

四日目に神様は一日目に造った光とやみを整理整頓された。

『ついで神は、「光る物は天の大空にあって、昼と夜とを区別せよ。しるしのため、季節のため、日のため、年のために、役立て。』創世記 1:14

なんだか、仕切り魔的表現だな。

太陽系を形成させて、時を造られた。

我が師は、時間は神様が造ったものだから、神様は時間の外におられると、言われる。

だから、未来が、天国・見えない霊の世界ではもう済んだこと・過去なのだと。

これは、今まで時間の中で生きてきた概念をはずさないと理解しがたい真理だな。ふむ、ふむ。

この日、神様はこの世において時間を造られたってことなんだね~。

神様はこれを見て『よし』とされた。

四日目が終わった。

 

さあ、五日目だ。

『ついで神は、「水は生き物の群れが、群がるようになれ。また鳥は地の上、天の大空を飛べ。」と仰せられた。

それで神は、海の巨獣と、その種類にしたがって、水に群がりうごめくすべての生き物と、その種類にしたがって、翼のあるすべての鳥を創造された。神は見て、それをよしとされた。』

空の鳥、水中の生き物。海の巨獣。小さいものも大きいものも、ってことか。

『水に群がりうごめくすべての生き物』って、魚類、両生類、爬虫類のこと?

神様はこれらを造って、『よし』って、された。

6日目。

家畜や野の獣。地を這うものも造られた。

これらの生き物を、神様は『その種類にしたがって』造られた。

ここがすごい 神様は、すでに動物、植物の系統、類縁関係をすでに押さえて造られていたんだね~。

そして、この環境が整って、ようやく神様は人を造られた。アダムだ。そして、神様は『海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地をはうすべてのものを支配させよう。』って、アダムに、あげちゃった。

すごい すごい財産だ 太っ腹 😍

 

そして、神様の造られたすべてのものは『見よ。それは非常によかった。』書いてある。good job  (≧∇≦)b

 

七日目。

『第七日目に、なさっていたわざの完成を告げられた。すなわち、第七日目に、なさっていたすべてのわざを休まれた。

神はその第七日目を祝福し、この日を聖であるとされた。それは、その日に、神がなさっていたすべての創造のわざを休まれたからである。』

 

今、七曜日は神様のなさったことから来ているのだね。

で、この七日目って、土曜日だったんだって。

 

ざっと、天地創造の七日間を見てきたけれど、

天地万物宇宙を神様はことばで造ったって、やっぱり神様はすごい

 

目をあげて空を見て。しっかりよ。規則的な法則の中に神の意志を感じない?

あなたの手足を見て。誰が造ったの?

 

 聖書は神のことば

 

私はただの一信徒。時々、変なことを口走る。

 

神のことばは真理

 

真理はあなたを自由にするって書いてある。

 

ちゃんと聖書を知りたい方は⤵️を見て。確かな教えがここにある。

https://www.ermbible.net/

 

あなたの宝物がみつかりますように。

 





ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

聖書のことば
telmiroをフォローする
整体おばさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました