整体おばさんが聖書を読んでみたら16-神の国とその義1

聖書のことば

(^^🎵お魚くわえたドラ猫 追っかけて 素足でかけてく陽気なサザエさん🎵

昭和のちゃぶ台のある風景がよみがえる。

まだアニメとはいわない時代のマンガの名作。

懐かしい~。

ところで、聖書にもお魚は出てくる。

ヨナは大きな魚のおなかの中に三日三晩いたし~

イエス様のお弟子のペテロは漁師だった。お魚だらけ! ギョギョ魚~🐟

またイエス様は二匹の魚と五つのパンを5000人に食べさせたという奇跡を行われた。

イエス様が十字架で私達の罪を負って死んで黄泉に降り三日目によみがえられたとき、イエス様が死んでしまわれたので漁師に戻ろうと船で漁に出た弟子たちにイエス様は炭火を起こして魚を焼きパンも用意してお弟子たちに振る舞われた。な~んて、いろいろ。

さてさて、お魚くわえたドラ猫がびっくりするような話がある!

おばさんは今日も聖書を開きます、です👓

どの時代にも税を徴収するというシステムはあるものね。

マタイの福音書17章24~27節にあるお話。

お弟子のペテロたちの故郷のカペナウムという町で、神殿の税金を集める人たちがペテロに近づき、あなたがたの先生は、宮の納入金を納めないのですか。」と言ってきました。

ペテロが家の中に入ると、イエス様のほうから先にこの件について話されたのです。

「彼(ペテロ)は「納めます。」と言って、家にはいると、先にイエスのほうからこう言い出された。「シモン。どう思いますか。世の王たちはだれから税や貢を取り立てますか。自分の子どもたちからですか、それともほかの人たちからですか。

ペテロが「ほかの人たちからです。」と言うと、イエスは言われた。「では、子どもたちにはその義務がないのです。」

神殿は神を礼拝するところなのに、どうして神の子であるイエス様から、いわば神殿の主の子から税を取るのかということだけど、そこはさておき、大人のイエス様。 ナイスです。 (・∀・)イイネ!!

「しかし、彼らにつまずきを与えないために、湖に行って釣りをして、最初に釣れた魚を取りなさい。その口をあけるとスタテル一枚(銀貨)が見つかるから、それを取って、わたしとあなたとの分として納めなさい。」

なんとまあ~。どうしたことでしょう~。

お魚くわえたドラ猫も びっくりポンの 硬貨をくわえたお魚だ!🐟🐟🐟

イエス様は言われた、です。

「だから、わたしはあなたがたに言います。自分のいのちのことで、何を食べようか、何を飲もうかと心配したり、また、からだのことで、何を着ようかと心配したりしてはいけません。いのちは食べ物よりたいせつなもの、からだは着物よりたいせつなものではありませんか。

空の鳥を見なさい。種蒔きもせず、刈り入れもせず、倉に納めることもしません。けれども、あなたがたの天の父がこれを養っていてくださるのです。あなたがたは、鳥よりも、もっとすぐれたものではありませんか。

あなたがたのうちだれが、心配したからといって、自分のいのちを少しでも延ばすことができますか。」(マタイの福音書6章25~27)

あくせく、あくせく、汗かいて人生を過ごしてストレスマックス。

ねえ、ねえ、あなた。

空を見てごらんよ。雲が流れていくよ。

イエス様のことばを味わってみる時間を持とうよね。

Nnn? 二千年前だから、こんな風に生きていけたんだよ、って思ってるかな?

そう、人はかすみを食っては生きてはいけない。ちゃんとお肉もお野菜も魚も食べるし、美味しいものが大好き! 働くよ、楽しみながらね~。

ねえ、ねえ、人の倍、働いたら幸せになれる?

おばさんでも、ちゃんと着るものも楽しむよ。時代遅れの服は着てないし (^▽^)/ の、つもり。 ほほほ。

じゃ、どうすればいいのか?って。

はい、これです。どうぞ~

続きの31~33節

「そういうわけだから、何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、などと言って心配するのはやめなさい。

こういうものはみな、異邦人が切に求めているものなのです。しかし、あなたがたの天の父は、それがみなあなたがたに必要であることを知っておられます。

だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。」

神様は、日々の生活の必要を私たちがわかる以上に知っているって!

だから、なに?

だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。

わが師はここで、「だから」です! 「だけど」ではないと強調される!

「だから」? そう。「だから」なのよ~。

日々の必要を我慢、我慢で生活して、ふうむ、清く、貧しく、美しく なんて生き方するんだよって、か ?   そんなのいやだという? そう、いやだわ、私も~。

わが師は、日々の生活を豊かに必要が満たされるから「だから」です、と言われます。

「だから、神の国とその義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、これらのものはすべて与えられます。

だからさ、あなた!

イエス様によって、気楽に、陽気に、景気よく、生きていかない?

クリスチャンって、そうなの? はい、そうです。

気楽なの? はい、そうです。空の鳥のように神様が養ってくださいますから。

陽気なの? はい、そうです。重荷は神様のまえに置きますから。

景気がいいの? はい、そうです。必要は満たされると信じているから。

神様があなたを祝福の渦の穴に招いておられますよ~📢

本当に神様があなたに何を用意されているか。知ってみませんか?

確かな聖書の教えを聞きたい方はこちらへどうぞ 

☞ https://www.ermbible.net/

最後まで読んでくれたあなたに質問!

お魚を盗んだドラ猫を追いかけたサザエさん。

魚を奪い返したとして、その猫がくわえたお魚をどうするのかな?

まさか、ますおさんに食べさすってか?( ゚Д゚) がはは。

こんなおばさんですが、あなたが神様の祝福を たらふく受けられることを望んでいる、です。

You’re Blessed !



ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

聖書のことば
telmiroをフォローする
整体おばさん

コメント

タイトルとURLをコピーしました